KINCHANの Without lens cap

中部国際空港、県営名古屋空港を拠点に航空機等を追いかける高校生がお送りするひこーきブログ。飛行機、空港、航空会社等のネタを中心にたまに旅行記や雑学ネタ等も。はてなスターをつけていただけると励みになります。読者登録も大歓迎。随時相互リンク受け付けています。ご意見、ご要望、ご質問、ご提案などはお気軽にコメント又はメールへ。kinchanrjggrjna@yahoo.co.jp

<

【ANA】ギャラクシーフライト2017

こんばんは^^

今日は毎年恒例の夏の一大フライト、"ANAギャラクシーフライト"をご紹介したいと思います。

ANA、今年もギャラクシーフライト運航へ

f:id:kinchanrjgg:20170712185209j:plain

ギャラクシーフライトについて

概要

ANAギャラクシーフライト(GALAXY FLIGHT)は、通常貨物専用便として深夜運航している便に乗客を乗せて運航するというフライトです。

今年は以下のスケジュールで運航されます。

f:id:kinchanrjgg:20170712190802j:plain

2017年のANAギャラクシーフライトスケジュール

運航期間

2017年7月14日(金)~同年8月31日(木)

運航スケジュール

NH999 HND-OKA 22:55-25:35(1:35)

NH1000 OKA-HND 3:35-5:55

※NH999便(東京(羽田)→ 沖縄(那覇)線)は、7/16・7/23・7/30・8/6・8/13・8/20・8/27・8/31の運航はございません。

※NH1000便(沖縄(那覇) → 東京(羽田)線)は、7/14・7/17・7/24・7/31・8/7・8/14・8/21・8/28の運航はございません。

※NH999便、NH1000便は「ANA ギャラクシーフライト」の名称にて運航いたします。

ギャラクシーフライトを利用するメリット

1.滞在時間の大幅拡張

f:id:kinchanrjgg:20170712190400j:plain

ギャラクシーフライト利用時の最大滞在時間の例

上記の図を参考に、通常のフライトを利用した場合とギャラクシーフライトを利用した場合の最大滞在時間比較してみたいと思います。

 

まずはギャラクシーフライトを利用した場合です。

羽田発のNH999便は深夜25:35に那覇へ到着。

その後近隣のホテルないし空港ターミナル内にて夜を明かし、朝から沖縄を満喫することができます。

復路のNH1000便の出発も深夜3:35と遅いため、夜は好きな時間まで観光を楽しむことができます。

 

一方、通常便を利用した場合はどうでしょうか?

羽田発那覇行きの初便は9:05着(7/1~9/30は8:55)のNH461便。

那覇発羽田行きの最終便は20:35発のNH478便です。

つまり、最大滞在可能時間は約11時間となってしまうわけです。

 

せっかく那覇へ行くのであれば時間を存分に楽しみたいと思う方が多いのではないでしょうか?

そんな夢もギャラクシーフライトが叶えてくれるのです!

2.運賃の安さ

ギャラクシーフライト×旅割を利用すれば以下の料金まで安くなるんです!

路線 75 55 45 28 21
東京(羽田)
→沖縄(那覇)
販売は終了
いたしました
販売は終了
いたしました
9,700
22,400
12,400
40,200
14,400
40,200
沖縄(那覇)
→東京(羽田)
販売は終了
いたしました
販売は終了
いたしました
10,400
21,900
10,900
40,200

11,400

40,200

※2017年7月12日現在

「夏休み旅行に行きたい!けど繁忙期だから交通費が...」という方でもギャラクシーフライト×旅割を利用すればお得に旅をすることができます。

 

読者登録お待ちしてます!

 

 

 また、にほんブログ村のランキングにも参加中なので、お手数ですが以下のバナーをクリックしてもらえると幸いです!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 

 

過去の記事はこちら

 

kinchanrjgg.hatenablog.jp

kinchanrjgg.hatenablog.jp

kinchanrjgg.hatenablog.jp